経営者と英語について

経営に欠かせない英語力

グローバルな経営を志すなら

経営者は英語資格を持っておいた方が良いです。英会話ができれば、海外取引や海外進出も可能となり、ビジネスチャンスが広がるからです。また、社員の見本となることで、会社の国際化力を高めることができます。経営者はできれば海外でMBAを取得すると良いです。MBAを取得すれば、実力も高まるし、箔がつき、取引先などに信用され、融資や商談もスムーズに進むようになるからです。また、人脈も作りやすくなり、ビジネスチャンスが舞い込んできやすくなるというメリットもあります。今後はますます国際化が進むので、必ず英会話をマスターしておくべきです。

中小企業診断士という資格

経営者が持つと役立つ資格の一つに「中小企業診断士」があります。これは企業に対してアドバイスをするための知識を問われる試験で、会計に関する知識もしっかりと勉強することになります。これは国家資格でありきちんとした勉強を積まないと、取得は難しい試験です。よってこの試験に合格すれば、試験勉強を通して経営者として必要な知識を一通り習得できたとも言えます。このほかに持っておくと良いものとしては「簿記」があります。会社のお金の流れをきちんと把握する必要が生じた時、簿記を持っておけばこれらの見方が分かるということです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営の知識を身に着ける All rights reserved