経営の基礎知識とは

経営の勉強はまず簿記から

経営には財務状況の把握が必須

企業の経営には一定の方針に従って計画的にかつ合理的に活動することが求められます。そのため、活動内容を貨幣価値で把握し、それらを明確に記録・計算をすることで、企業はそれらの情報をもとにして経営の在り方を反省したり、次の計画の判断材料にするわけです。また、投資家や債権者などのステークホルダーにも、企業の財政状況などを報告する上で重要な役割を果たします。この企業の活動内容を金額で現わしたものが「簿記」であり、企業にとっては必要不可欠な技術です。経理や税務の仕事に就きたい場合には、まず最初に勉強することをお勧めします。また、公認会計士や税理士など会計に関連する資格を目指している場合にも必ず必要となるものです。まずは簿記資格を取得を目指して基礎レベルから勉強をはじめてみてはいかがでしょうか。

ビジネスに役立つ資格とは

経営に関する資格を持っていることは大きな人的財産になります。弁護士や司法書士、税理士などの専門職を希望している方や、企業内でも専門的な知識が必要な場合は、その業務にかかわる資格を取得すればよろしいです。しかし、経営全般ということになりますと、広く浅くあらゆる知識が必要になります。そんな際に取得しておくとよろしいのが、中小企業診断士です。学習する範囲が膨大ですのでかなりの学習量が必要となりますが、事業に関する幅広い知識をもっていることからバランス感覚の良い考え方をすることができるようになります。学習するだけでも身に付くことがたくさんあるのでお勧めです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営の知識を身に着ける All rights reserved