経営に必要な知識とは

FP知識は経営に役立つ

フィナンシャルプランナーと経営

フィナンシャルプランナー(FP)は顧客の収支や負債、資産状況、家族構成などをもとに、住居や老後など将来のライフプランを作成し、それに即した形で資金計画やアドバイスをする人のことをいいます。顧客となるのは個人です。そのため、事業と関係がないと思うかもしれません。しかし、FPの知識には個人に関するものばかりでなく、たとえば企業年金や資金調達、法人の損害保険やそれに対する税務処理など、事業を経営する上で必要な内容も含まれています。そのため知識の習得は事業主にも有用です。また、FPの資格試験には実技試験があり、特に2級レベルでは5つの分野に分かれています。その中に「中小事業主資産相談業務」というものがあるため、一概に事業の経営と無関係であるとはいえないのです。

資格が活かせる職業について

資格をとるということは大きな人的な資源を得ることだと理解すべきです。経営に関するものもあれば、趣味に関するものなど多様です。経営のために活かせるのは、士業です。弁護士、司法書士、会計士、税理士などがそれに値します。ご自身で独立して開業をすることもできますが、企業内でも専門的な知識があれば、それを活かすこともできます。取得することを面倒だとは思わず、自己啓発のために取得に向けて努力することが大切です。仮に試験に不合格でも間違いなく知識が増えることになります。そして新たな視点で仕事をこなすことができるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営の知識を身に着ける All rights reserved